不動産投資における資産運用

 株取引と並んで、不動産を利用した投資や売買取引は、資産運用における最もポピュラーなものの一つと言えるでしょう。

不動産の取引きを行う場合、その多くは直接的に投資を行うことが多いのですが、現在では「REIT/リート(Real Estate Investment Trust)」と呼ばれる特に賃貸事業へ特化した不動産への投資信託なども注目されており、このような投資商品も登場したため、不動産投資そのものも身近なものになりつつあります。

不動産の投資での利益の上げ方には2種類あり、一つは購入した不動産を貸出しし、そこから賃貸の収入を得る方法と、購入した不動産の物価や相場が上昇した時に売却し、その差益を得る方法になります。

いずれの方法にしても、不動産の投資には初期費用が大きくなりますので、しっかりとした資産の用意が必要になります。また、購入した不動産に問題があったとしても、そう簡単に売買ができたりする性質のものではありませんので、しっかりと物件を調べる必要があるでしょう。

また、不動産購入の資金が足りない場合などは、銀行などからの融資を利用することもありますが、その場合には収益とのバランスをしっかりと取っておく必要があります。

不動産を購入した後、賃貸の収入を目的とした投資で運用をしていく場合は、投資というよりもその実務は不動産の経営であり、相場を見たりというよりは、賃貸物件の価値を上げたり宣伝や広告を打ったりなど、事業や仕事に近い対応が重要になります。

多くの場合は不動産仲介業者や、設備管理業者、入居者などとの関わりであったり、トラブルが発生した場合での権利関係の取りまとめなど、様々な折衝能力なども必要になります。

不動産での資産運用の場合は、収益に対する税金の他に固定資産税などもかかるために、その出費についても考えなくてはいけません。
また、賃貸の場合は建物を立ててそのまま、という訳にはいかず、経年劣化などをしていくために、定期的なリフォーム工事や、その資産価値を高めるためのリノベーションこうじなどが必要になり、その費用の捻出方法についてもあらかじめ計画を立てておく必要があるでしょう。

このように、不動産での賃貸収入などで利益を得るためには、色々な事を考慮しながら進めていかなくてはなりません。
また、不動産を売却して利益を得る場合においても、売却時にかかる大きな税金や不動産という流動性のゆっくりとした投資であることを考えると、長期間の保有を余儀なくされることもあるため、こうした場合の運用対策も考えておくべきでしょう。

不動産投資は、初期資金の大きさや運用の手間などから、競争率が低い投資と言えるでしょう。
クリアすべき課題は大きいですが、良質の物件にめぐり合い、管理業者など良いパートナーに恵まれれば、大きく安定した利益を上げ続けることも可能になる資産運用方法なのです。

 
©2015 All Rights Reserved. KaigaiFX.net