通貨の価格差を扱った金融商品

sdfyy 人気のaustraliaハイロー.jpやFXという名前を知っている人は多いです。株に並ぶくらい有名な言葉ですから、名前自体は知っていても不思議ではありませんが、問題は「FXって何?」ということを聞かれて答えられるくらい知っているかどうかですが、おそらく知らない人の方が多いかもしれません。

FXは「外国為替証拠金取引」という長い名前を省略したものです。英語で表記すれば「margin foreign exchange trading」と表記されることや「foreign exchange」と表記されることもありますが、基本的には同じことです。

その意味ですが、例えば日本には「円」という単位の通貨があって、アメリカには「ドル」という通貨があります。他にも「ユーロ」「ポンド」「ウォン」などもあります。これらは名前が違うだけでなく、その価値も違います。現在は「1ドル=101~102円」くらいです。このように価値が異なる通貨が世界中で使われています。そして今の時代はグローバル化の流れで例えば日本の自動車産業は海外で取引をするときに「ドル決済」と呼ばれるドルで取引をしています。このようにドルはアメリカの中だけでなく、世界中の日常的に使われるようになり、その価格差に関しても重要度が増してきました。

FXはこの通貨の価格差を扱った金融商品です。このようにグローバル化して通貨が世界中で使われるからこそFXというものが普及したと考えてください。

FXは株と違って0円になることはほとんどありません。ですから上がったり、下がったりを繰り返していますからそこに合わせてFXも「上がるか、下がるか」を予想する取引になります。株は信用取引というものがありますが、基本は上がることを予想する取引です。

そして、株というのは通貨よりも少ないです。よく考えれば分かりますが、株式の枚数が通貨よりも多くなるということあり得ないのですから、そうなれば異なってくるのが「取引量」です。

この取引量は多ければ多いほど取引はスムースに行えます。FXは「買ってくれる人がいるから売れる」というのが基本です。金融商品はほとんどこのような仕組みですが、取引量が多ければ取引をする人も多くなり、そのため取引がスムースになるのです。

難しいことではなくてFXの魅力は「上がるか下がるか」、つまりハイローを予想して、「24時間いつでも取引ができる」ということです。もちろん土日は取引できませんが、それ以外ならばいつでも取引が出来てしまうのですから仕事をしている人が夜に取引することも、朝早くに取引することもできるのです。

このように手軽に始められて、かつシンプルな仕組みによってFXは成り立っているのです。もちろんリスクがもありますが、誰でも始めやすいようになっていることもFXの魅力の一つです。

 
©2015 All Rights Reserved. KaigaiFX.net